固定概念に捕われないことが成功の秘訣

2020/01/28

家づくりを行う上で、

誰もが妥協したくないという想いが、

あると思います。

 

ですが、そのために、

予算オーバーになってしまい、

その負担が住宅ローンにのしかかり、

その結果、生活が苦しくなったり

最悪、返済できなくなり家を手放すようなことになってしまったら、

何のために家を建てたのかわからなくなってしまいます。

ですから、もっと先のコトまで考えた上で、

しっかりと家づくりの予算計画を立てるようにしなければいけません。

✔ダメな家づくりの進め方

 

はじめに、土地を持っていない方は、

土地を探すところから始まります。

ここで、気を付けなければいけないのが、

資金計画をして、土地や家の予算が具体的に決まっていない状態で、

土地探しをしてしまうと、

予算から大きく掛け離れた高額な土地を購入してしまう可能性があります。

 

同じ立地条件でありながら、

一番価格が高く設定されている土地を購入してしまったり、

必要以上に広い土地を購入してしてしまったりするからです。

 

結果、どうなるかというと土地にお金を使いすぎてしまい、

家に掛けられる予算が少なくなってしまいます。

又は、家にもお金を掛け過ぎてしまい、

毎月の返済が多くなり後で大変になってしまいます。

  

仮に、現在の家賃が70,000円だとして、

あなたが、家づくりで設定すべき毎月の返済金額がどれくらいかというと、70,000円かあるいはそれ以下にすることが望ましいとされています。

 

というのも、家を持つと、

毎年の固定資産税に火災保険や地震保険、家のメンテナンス費用も、将来的に必要になるからです。

  

しかし、あなたがこの状況の中で、

土地や家の予算をよく理解していないまま家づくりをしてしまい、

合計予算が3500万円となってしまったらどうでしょうか?

 

仮に、自己資金として出せるお金が200万円あったとしたら、

あなたが銀行から借りなければいけないお金は、

3300万円ということになりますが、

そうなると、最長期間の35年でローンを組んだとしても、

毎月の返済金額は9.4万円にもなってしまいます。

 

つまり、今の家賃を、

あっさりと2.4万円もオーバーしてしまうというわけなのです。

これだけの金額アップは正直けっこう大変ですよね?

 

この場合、あなたが、

家賃と同じぐらいの支払いで家づくりをしたいと思うならば、

毎月の返済金額を2.4万円カットした金額で、

家づくりの予算を決めるべきです。

 

そうなると、

あなたが銀行から借りていいお金がいくらかというと、

3300万円ではなく2500万円になります。

つまり、800万円予算をカットする必要がでてきます。

 

これだけの予算をカットしようと思うと、

土地に掛ける予算、家に掛ける予算、庭に掛ける予算、

すべての予算をカットする必要があります。

 

もしかしたら、『カット=妥協』と考えてしまうかもしれませんが、

妥協ではなく、よく考えて合理的に

それぞれをカットすることが出来れば、

土地も家も庭も妥協する必要なんてないのです。

次回からは、この具体的な方法について

詳しくお伝えしていきます。